町田市役所にて

160526_100149

今日は、地元の相続案件の役所調査で町田市役所に参りました。不動産調査で建築物がある場合には「建築概要書」を取得します。これは建物の建築時の内容が記載された書類になりますが、各自治体によって保存されている期間がまちまちです。ちなみに町田は平成6年からでした。他の自治体ですと昭和40年後半位のものから取り揃えている所もあります。

市役所のどの課の職員の方も大変丁寧にご対応いただき有難うございました。

LINE・・・!

160525_231033

男45歳、持っているだけのスマートホンはやっぱり無駄になってしまうので、ずっとPCで閲覧書きこみしていたフェイスブックと同時に、LINE登録してみました。

したはいいけど使い方が今ひとつ解っていない・・・。ヨメがテストでトークに参加してくれた履歴だけがある状態です。
とことんアナログにはなり切れず、しかし時代に乗ることが億劫なオジサンの典型。

自称税金オタク。同じオタクでもアキバ系オタクには絶対なれません・・・。

皆さん、招待していただいたり、させていただいたりと、輪を広げられたら幸いです。

3男と共にリハーサルへ

昨日、我が家の3男(愛機G&L L2000)とともに秋葉原で6月4日のライブのリハーサルに臨みました。3男は久しぶりの出動で、今回パンクの名曲を5,6曲演奏するためすべてピック弾きの予定です。その理由で普段サブで使用している3男が出番となったわけです。この3男、ピック弾き前提のために長男(アトリエZ M265)次男(ミュージックマンスティングレイ)よりかなり弦高を高めに設定してあり、左手の握力を必要とします。
3男にあまり接していなかったため、扱いに苦労していますが頑張ります。

士業軽音楽部 7th Live

【日程】
2016年6月4日(土)

【会場】
下北沢ERA(下北沢駅徒歩3分)
http://s-era.jp/access/

【タイムスケジュール】
15:40-16:00 開場・受付
16:00-16:30 地獄に堕ちた士業ども〜勝手にSex火縄銃ズしやがれ!!(パンク名曲集)

【チケット】
1,000円(別途1ドリンク)
※前売りチケットやチケットの取り置き等はありません。当日会場まで直接来場ください。チケット代は受付で頂戴いたします。
上記の日時にて3男と共に出演致します。
ご興味のある方は是非!
160525_210203

 

二人に幸あれ!

今日は独立前に勤務していた事務所の同僚の結婚式に招待されていたので参加してきました。感動的な挙式、披露宴で不覚にもうるっとした瞬間がありました。
元同僚のみなさんの元気な姿も拝見できて、それもまた嬉しかったです!

なので・・・またちょっと飲みすぎました。(反省)

心から、お二人さんいつまでもお幸せに・・・。

untitled
アニベルセルみなとみらい横浜

現場100回

ポピー?
ポピー?

21日土曜日の午前中は、顧問のお客様宅に月次訪問。午後、そのまま小田急線に乗り都内に相続案件の現地調査。事前に役所調査に行っていましたが、現地で新たな確認事項を発見し、週明け再度役所調査が必要そうです。
刑事ドラマよろしく現場100回、実際に見てみないとわからないことも多数。

調査現場近くに咲いていたポピー(だと思う)。

変わるもの、変わらないもの

おととい、自称ミュージシャン時代にアルバイトしていた時の後輩が結婚するということで、お祝いの集いに行ってきました。あれから15年余り経ち、自分を含めそれぞれそれなりに容姿は歳をとりましたが、話をしていると当時と同じノリで突っ込み突っ込まれ、以前を容易に思い出すことのできる大変楽しい時間を過ごしました。

みんなありがとう!
そしておめでとう!

160510_162910
これは・・・なんだっけ?

 

あと3貫・・・

untitled
あと3貫・・・

本日は夕方から、所属している会の支部役員会(自分は役員じゃなくて新人として)に参加させて頂きました。

諸先輩方から地元の貴重な話をお聞きすることができました。微力ながら地元のために頑張って行ければと思います。

ご無沙汰しすぎて・・・

今日は過去の番組を無料で観られる、横浜の関内にある「放送ライブラリー」に行ってきました。
第2の故郷信州長野の安曇野出身の彫刻家、碌山(ろくざん)本名萩原守衛の半生を描いた、信越放送のドラマがあります。実はこの碌山の美術館に初めて訪れたとき、彼の作り出す彫刻に心を奪われ、この人のことをとても知りたくなって調べてみたらそんなドラマが過去にあったことが分かりまして、それを観られるのが放送ライブラリーだということでした。
碌山の彫刻は数は少ないですが、碌山美術館ではその彫刻が本当に間近で観ることができます。そこには息遣いや、筋肉の躍動が手に取るように感じられる、力強く、どこか切なさもある作品が並ぶ、静かな緑の中の美術館です。

どうぞ安曇野にお越しの際は、訪れてみてください。
私は芸術には疎い人間ですが、碌山の彫刻はまさに「出会い」でした。

だいぶ久しぶりの更新、申し訳ありません。
心を入れ替えて(?)精進いたします<(_ _)>

相変わらず名前の分からない花たち
相変わらず名前の分からない花たち